事務所 移転 東京

東京に事務所を移転するメリット

東京に事務所を移転するとメリットも多いと考えられています。多くの企業がこの地域にこぞって経済拠点を作っているということは、やはりそれだけの魅力を東京が持っているということです。企業イメージが、大都市に進出しているというだけでも違いますし、取引会社の本部なども多く存在していますので、それだけ仕事での打ち合わせや実際に出向いてのやり取りなどもお互いに大変便利です。競合を含めて多くの企業が存在していることで、地方にはない競争の厳しさもありますが、新しいことが生まれたり、需要と供給の発信の場であったりと、経済拠点であることのメリットは大きいです。最初は地方都市などで構えていた事務所が、大きくなるに従って東京へと進出していくのも、このような経済的メリットが大きいことが理由のひとつと言えます。

事務所を東京に移転する際は地価が上がるのを無視できない

事務所を東京に移転する際の注意点としては、高い地価が予想されることです。今まで地方に構えていたのと同じような地価というわけにはいかず、都心から便利で人気のあるエリアに事務所を構えるほど、こういった資金面での圧迫は多くなりがちです。もちろんそれを上回るだけの利益を順調に出せれば問題のないことですが、初めて東京に事務所を出して進出するような場合には、先が見通せないことでのリスクがあります。そのため、最初から事務所として自社ビルを建てるよりも、賃貸などを利用する方が安心な場合もあります。移転時に潤沢な資金などを用意できない限り、賃貸での事務所を借りるところから始めて、実績や業績などをしばらく様子見ながら、ある程度のプール金などを準備するなどしてから、必要に応じて土地を購入してステップアップでの事務所移転をするのが良いです。

事務所を東京に移転すると企業イメージも上がることが多い

東京に事務所を移転して本社やオフィスを構えていると、就活生などを始めとした応募者数も比較的多くなる傾向にあります。それは仕事を東京でしてみたいという人が多いからでしょうし、働く人にとっての東京という街は、地方にはない魅力が多くあるからです。特に若い人はこれからの人生ですから、便利でお洒落な街に対する憧れも人一倍強く、仕事をする場として選ぶことも多くなります。その結果、地方だとなかなか人材が集まらなくても、東京勤務での募集だと応募が多くなる現象も起こるのです。人手不足が言われている近年では、このように事務所を構えたエリアによって人を集めることができるというのも、大きなメリットと言えます。また日本経済の中心ということで、仕事で成長できるイメージをこの街がさせてくれるのも移転先としてのメリットです。

共に働く仲間達と士気を高め、連帯感を共有するオフィスへ! 実績豊富な当社では物件選定から幅広い規模のオフィスレイアウト・改装を手掛けます。 これからますます発展されます企業様のために、活気あるオフィスデザインを多角的に提供いたいしております。 総合的なオフィスデザインを通じてクライアント様の業績向上に貢献し、お役に立てるよう尽力することが当社の強みです。 事務所の移転を東京でお考えの方へ|フロンティアコンサルティング