事務所を東京に移転することで期待できる効果

会社の事務所を東京に移転することで期待できる効果はたくさんあります。東京といえば日本の中心地というだけでなく、世界中からも注目される大都会です。人口が多いだけでなく、あらゆる分野において最先端であり、魅力的なのです。事務所が東京にあるだけで会社の箔がつき、知名度だけでなく信頼度まで上がってしまいます。東京に事務所があるならきっと大きな会社だ、東京事務所あるならしっかりとした会社だろう、そんな印象を与えることができます。日本国内でもこのようなイメージを持ちますが、海外から見れば尚さらです。海外との取引がある、もしくは将来的に海外と取引をしようと考えているならば、東京に事務所を構えることで与えることができるステータスの恩恵を受けることができるようになるはずです。

地元ならでは情報は綿密にチェック

事務所を東京に移転する場合、もっとも大切なポイントは会社のロケーションではないでしょうか。業種によりますし、事務所の規模にもよりポイントも大きく変わってきます。従業員が沢山通勤する事務所なのか、お客様が来店するような事務所なのか、フレキシブル対応でほとんど従業員も来客もない事務所なのか。事務所を移転するのに当たって、遅延の多い路線上の駅だと、従業員の遅刻が多いことなども、地元ならではの知識が不足していることにより、起こり得る選択ミスなのかもしれません。とはいえ、東京という場所だけに、従業員のポテンシャルも期待できそうですし、何かにつけて事務所が東京にあるというのはポジティブなイメージで事が進むものです。単純に東京都内でもエリアによって得られる印象もずいぶん違います。

エリアによって受けるイメージを利用する

東京に事務所を移転するだけで、国内のみならず世界からの見栄えがいいのですが、そのエリアから得られる印象というのも大事にして利用するべきです。例えば、変化と歴史が共存している千代田区、オフィスエリアのイメージが一番強い中央区、トレンドの中心表参道や青山エリアの港区、多彩な交通アクセスを誇る渋谷区、新宿区などそれぞれの場所から得られるイメージも様々です。そんなイメージを最大限に利用しない手はありません。東京に事務所があれば多くの集客も見込めますし、働き手を探すのもそんなに困難ではないでしょう。競合相手の多い激戦区であるがゆえに、常に技術向上、接客向上、スキルアップが求められます。そんな刺激的な場所で向上しながら働いてゆける場所だけに、人々が受ける東京の事務所というイメージはハイレベルなのです。