事務所を東京に移転するのにかかる費用

事務所の発展や成長、規模の拡大、業務の拡張など、事務所を東京へ移転しようと考える目的はさまざまだと思います。気になることの一つとしてあげられるのが、費用の問題です。必要になる費用は大きく分けて5つあります。引越し費用、内装やレイアウトなどの間仕切り工事費、電気工事や電話などのインフラ工事費、什器の購入費用、賃料や預託金、火災保険料などの諸費用です。またこれらにプラスして、廃棄する物の処理費用、移転前の事務所の原状回復をするのにも工事費用もかかってきます。退去するまでの賃料や光熱費が必要になる場合もあります。ここでは、事務所を移転する際にかかる費用の相場と、業者の選定方法について説明します。ただし、引越し先の立地や引越しの規模、所有者が大手のビルオーナーなのか個人オーナーなのかによって、相場は大きく変わります。一般的な相場としてご覧ください。

事務所移転費用について解説します

引越しの費用は社員一人あたり2万から3万円程度が目安です。間仕切り工事は一坪あたり10万円程度が一般的ですが、何を要望するかで大きく変わってきます。インフラ整備の工事費は1人あたり5万から7万程度です。廃棄物の処理は、2トントラック1台で8万円ほどを想定しましょう。家電リサイクル法が適用されて高くなっている場合もあります。原状回復の相場は1坪あたり3万から5万円程度です。大型ビルの場合は5万円から8万円ほどと想定できます。指定の業者に依頼しなければならない場合も多いので、移転が決まり次第、ビルのオーナーや管理会社に早めに確認しましょう。半年前には伝えるというルールになっている場合も多いようです。このように、東京への事務所移転には多額のコストがかかります。しっかりと事前準備をし、目的に応じた適切な業者を選定することが、無駄なコストを発生させない方法となります。

事務所移転業者を選ぶポイントをご紹介します

事務所の東京への移転について、費用の次に気になるのが業者の選定方法です。格安で移転作業を請け負ってくれる業者や、物件選びから力になってくれる業者、アフターサポートも整っている業者、事務所の内装デザインやレイアウトも手がける業者など、提供されるメニューの内容は業者によって様々です。不用品の処分や、LANやOA機器などの工事、什器の導入も行なっている業者もあります。費用や移転の目的、移転後のビジョンなどをよく検討し、自分の目的にあった実績と経験が豊富な業者を選定しましょう。ただ、自力で何社にも問い合わせたり、検討したりするのには時間がかかります。まずは、業者を一括で比較できる比較サイトを利用してみましょう。不明点が多い時や迷った時には、要望を聞いた上で適切な業者を紹介してくれる会社を活用してみるのもお勧めです。豊富な選択肢から最適な業者を選択してくれます。