事務所を東京に移転するデメリットの説明

デスクが足りなくなった、仕事をしていく上で不便になってきたなど、さまざまな理由で事務所の移転を検討することがあるでしょう。特に、便利さも考えて東京に事務所の移転をしたいと考える方も中にはいるのではないでしょうか。しかし、気軽な気持ちで事務所を移転してしまうと後で悔やむ結果になる可能性もあります。では、事務所の移転を後悔しないためには、どのようなことを考えていけばいいのでしょう。まずは、なぜ事務所を移転したいのかを考えましょう。事務所を移転したいのなら、それなりの理由があるはずです。今の事務所ではできないことや無理なことなどを挙げて、新しい事務所探しに役立てるようにするといいでしょう。また、新しい事務所にはどのようなことを求めているのかを挙げ、優先順位をつけていきましょう。

事務所を東京へ移転するときの進め方とは?

事務所を東京へ移転する場合、どのように進めていけばいいのでしょう。まずは、解約予告がどれくらいなのかを聞いておきましょう。現在借りている事務所のオーナーやビルの管理会社などに、移転する何ヶ月前に解約予告をしておけばいいのかを確認しておきましょう。また同時に、新たな物件の確保をしておきましょう。事務所の移転にはさまざまな手続きをする必要があるため、解約直前に物件を見つけてもすんなりと業務が機能するとは限りません。解約予告と同時に物件を確定していきましょう。そして、どれと同時に移転プロジェクトのチームを立ち上げましょう。プロジェクトチームを立ち上げることで、移転に関する行動のスピードアップと効率が向上します。どのように事務所の移転を進めていくのかを決定していくためにも、プロジェクトチームの立ち上げは忘れずに行いましょう。

東京に事務所を移転する際の注意点とは?

日本経済の中心でもある東京で事務所を構えることで、業務がスムーズに進んだり効率の向上が期待できると考えている企業もあるでしょう。しかし、必ずしも東京に事務所を移転させることがよいことというわけではありません。では、事務所を東京に移転させる場合、どのようなことに注意していけばいいのでしょう。まず、東京に事務所を移転することでかかるコストがどれくらいなのかを確認しておきましょう。県外などから東京に事務所を移転する場合、旧事務所から多くのものを移さなければいけません。家庭の引っ越しを上回る量の荷物を運ばなければいけないため、かなりの引っ越し費用がかかることになります。また、東京の物件を借りることで賃料が上がることが予想されます。収入に比べて支出がかなり増えるのであれば、東京への事務所を移転することは再検討した方がよいでしょう。